MENU

血糖値は改善する症状です

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

 

血糖値が上がってきている状態、それはインスリンの分泌や機能が弱まっているⅡ型糖尿病のリスクがあります。しかし、このⅡ型糖尿病は食生活の改善で十分に改善が見込める症状です。もちろん、まだ血糖値が高いという状態の人も改善が見込めます。

 

では、どういった食品が血糖値を下げる食品なのか、どういった食事方法を摂ればよいのかなど具体的にご紹介していきます。

 

血糖値を下げる食品

タマネギ

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

血糖値を下げる食品として最も最初にあがるのがこのタマネギです。タマネギは生でも、炒めても、煮ても何をしてもおいしい万能食材で、世界中で愛されている食品です。

 

このタマネギですが、硫化アリルと硫化プロピルといった成分が含有しています。この二つの成分は血液をサラサラにして、糖の代謝を促進するといった働きをしてくれるため、インスリンの注射の代わりをするとまで言われています。

 

続けやすさも折り紙つきで、おすすめはまるごといただけるオニオンスープをまとめて作り、冷凍しておくこと。一日に1個分程度のタマネギでよいのでコスト的にも健康効果的にも優秀な食材になります。

 

納豆・オクラ

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

納豆・オクラなどのねばねばする食品は水溶性食物繊維が豊富に含有しており、腸で糖質を包み込むことで糖の吸収を緩やかにする効果が期待できます。納豆は良質なタンパク質であるとともにナットウキナーゼやビタミン・ミネラル類が非常に豊富な栄養の理想食ですので、お薬と合わないという事情がないなら一日一パックほど取り入れることをおすすめします。

 

ゴーヤ

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

ゴーヤに含まれるビシン、ポリペプチド-P、シャランチン、モモルデシチンといった成分は、インスリンのように糖分の吸収と代謝をサポートする効果が期待できます。

 

バナナ

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

バナナというとすぐにエネルギーになるといった知識をお持ちの方も多いかと思いますが、食物繊維も多く栄養バランス的には理想的な食品。糖質の多い食事と組み合わせるには不向きですが、どうしても甘いものが食べたいときなどにもおすすめ。バナナに豊富に含まれたカリウムがインスリンの効果を高めることを期待できます。

 

他の果実類を食べたい場合は、生のまま食べると食物繊維をいただけるので生のまま食べましょう。

 

シークァーサー

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

ノビレチンという成分が近年、様々な健康効果があるとして話題になりました。
そして、もちろん、血糖値を下げる効果も期待できます。ただ、沖縄地区以外はあまり売っていないという関係上、ジュースやサプリメントで摂取するのが良いでしょう。

 

きのこ類

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

血糖値が高い人の特徴にミネラルの摂取が少ないという共通点があります。

 

キノコ類は水溶性食物繊維を豊富に含む上に糖質をほぼ含まず、さらにミネラルを豊富に含んでいるため、前菜にもってこいの食品です。

 

牛乳・ヨーグルト・チーズ

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

コップ一杯の牛乳には血糖値の薬と同等の効果があるということが近年の報告で上げられました。牛乳は胃を守る働きや豊富な栄養素があることからも注目度の高い食品ですが、この結果は血糖値が高い人には朗報です。

 

牛乳がどうしても苦手という方はヨーグルトやチーズでも有意な結果が期待できるという報告もあります。

 

アーモンド

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

アーモンドにはビタミンEをはじめ、カリウム、リン、亜鉛、鉄などのミネラルに加え、今話題の不飽和脂肪酸、食物繊維が豊富に含有されています。ダイエット効果や美容効果はもちろんですが、豊富な食物繊維のおかげで、食後の血糖値を下げる働きが期待できます。食べすぎはあまりよくありませんが、一日に20粒~25粒程度摂取することは有効です。

 

食べるタイミングは食前・食中・食後がベストですが、どうしても間食したいというときにもおすすめです。

 

毎日の理想的な食事は困難

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

食事に気を付ければ十分に血糖値を下げることは可能ですが、食生活を自在にコントロールするということは、プロの手を借りないと無理という人も多いという現実があるほど難易度が低くないのが現状です。そこで、どうしても食生活を大きく変えられないという方はサプリメントを活用してみると良いでしょう。

 

血糖値を下げるサプリメントは、日常の生活ではまず摂取が困難な特殊な成分が十分な量配合されていたり、日本では入手困難な素材を使っているなど有意なものも増えてきています。

 

まずは、どういったサプリメントがあるのか、成分や評価などを参考にしてランキング形式でご紹介していきたいと思います。

 

血糖値を下げるサプリメントランキング

 

白井田七の特徴

食後の血糖値を下げるサプリメントは数ありますが、空腹時血糖の改善効果が期待できる希少な田七人参のサプリメント。

田七人参は中国雲南省をはじめとした中国有数の箇所でしか栽培できない古来から「金不換」(金にも換えがたいほど価値があるもの)の作物として扱われています。同種の高麗人参よりもはるかに豊富な栄養素を含有しています。

さらにサポニンやフラボノイド、必須アミノ酸・ビタミン類・ミネラル類など多くの栄養素を含みます。そして血糖値を下げる要素として注目されているのは、筋肉への糖の取り込みを増加させる作用がある成分として報告があるパナキサトリオールという成分です。

白井田七では、そんな血糖値に悩む方にとっての希望となる成分を豊富に含んだ農薬不使用・有機栽培された田七人参を一日当たり250mg配合しています。

体に合うか心配、という方は15日間返金保証制度を利用しても良いかと思います。

 

白井田七のおすすめポイント
  • 農薬不使用・有機栽培された田七人参を一日当たり250mg配合
  • 田七人参には食後血糖だけではなく空腹期血糖の改善効果あり
  • 筋肉への糖の取り込みを増加させるパナキサトリオールが豊富に含有
  • 15日間返金保証

口コミ
3か月飲み続けましたが、空腹時血糖が正常値に近づきました。この調子で正常値入りを目指したいです。やったのは、運動と食事療法です。併用すると効果がでるかもです。
50歳/女性
体の調子がなんとなく良くなっています。血糖値の改善も劇的ではないですけどやや下がりました。満足です。
68歳/男性

価格 3980円
評価 評価5
備考 初回特別価格
 

大麦若葉青汁の特徴

難消化性デキストリンという言葉をご存知でしょうか。
言葉のまま、消化の難しいデキストリンというものですが、トウモロコシのでんぷんを加水分解し、さらに難消化性物質を選別した水溶性食物繊維のことを言います。

この難消化性デキストリンは、非常に安全性が高くFDA(食品医薬品局)でも上限値は定めらえていません。特定保健用食品(トクホ)の関与成分となっており、継続した摂取で糖の吸収スピードを緩やかにする効果(食後血糖値の上昇抑制)・整腸作用・脂肪の吸収スピードの遅延・内臓脂肪の低減・ミネラルの吸収促進といった非常に有意な効果が認められています。

そんな難消化性デキストリンに加え、青汁でおなじみの大麦若葉を農薬不使用の有機栽培したものを配合し、抹茶で味を調えた商品がこの大麦若葉青汁です。
大正製薬が提供しているので安全性や信頼性も抜群です。

現在一か月分を1000円で手に入れられるキャンペーンを実施中です。

 

大麦若葉青汁のおすすめポイント
  • 大正製薬が開発
  • 特定保健用食品(トクホ)の難消化性デキストリン配合の青汁
  • 農薬不使用の有機大麦若葉をベースに抹茶配合
  • 初回限定で1000円キャンペーン

口コミ
いつも飲んでいる青汁の強化版ということで買いました。血糖値はやや下がっているかなぁ、という感じです。ですが、脂肪率が減りました。2%ですがまだ一か月なのでこれからに期待です。
67歳/女性
味は甘くなくて香りが高くて飲みやすいです。血糖値検査はクリア。親が糖尿病なので気を付けています。
51歳/男性

価格 1000円
評価 評価4.5
備考 初回限定価格
 

糖素減の特徴

ゴーヤは、血糖値を下げる効果があることで知られています。
それは、ゴーヤに含まれる「チャランチン」と「モモルデシチン」といった成分が糖分の吸収と代謝をサポートするためです。

この糖素減に扱われているゴーヤは100種類以上あるゴーヤの種類の中でも「チャランチン」と「モモルデシチン」を豊富に含んだ蘭山ニガウリという品種です。糖素減では、そんな蘭山ニガウリを一粒に一本分、合計150本分を詰め込んだサプリメントになっています。

現在、ゴーヤが体に合うかわからない、そんな方のために全額返金保証キャンペーンを実施中です。

 

糖素減のおすすめポイント
  • ゴーヤに含まれる「チャランチン」と「モモルデシチン」が糖分の吸収と代謝をサポート
  • 一粒に一本分、合計150本分の蘭山ニガウリを使用
  • 全額返金保証キャンペーン中

口コミ
ゴーヤ茶より続けやすいし、血糖値も少し下がったかな。いいと思います。
58歳/女性
効果はまだ不明ですが、なんとなく血糖が上がっているときにヤナ感じが減りました。実感的には効いてる気がします。
71歳/男性

価格 9600円
評価 評価4
備考 初回限定価格
 

ベジファスの特徴

血糖値の急上昇を防ぐためにできる食事方法で代表的なものが、「先に野菜を食べること(ベジタブルファースト)」です。

ベジファスでは、機能性関与成分である難消化性デキストリンに加え、80種類の植物発酵エキス、沖縄県産のレモン汁にシークワーサーを配合したゼリータイプのサプリメントです。糖質はほとんどないのにも関わらず、ほんのりと甘みを感じるため、一番ボリュームの多くなってしまいがちな食事の前に食べるだけでも血糖値はもちろんですが、食べる量も抑えることが期待できます。

現在、50%OFFキャンペーンを実施中です。

 

ベジファスのおすすめポイント
  • 野菜を先に(ベジタブルファースト)を手軽に実践できる
  • 管理栄養士の多くが推薦
  • 80種類の植物発酵エキス配合
  • 機能性関与成分、難消化性デキストリン配合
  • 50%OFFキャンペーンを実施中

口コミ
ダイエットに使用中。年を取って減りにくくなったけどこれをやってから4kg減りました。(67kgから)
67歳/女性
野菜嫌いなのですが血糖値対策に家内が用意してくれました。お昼ごはん前に食べるとなんとなくおなかも落ち着いてヘルシーなものを選べるようになりました。
54歳/男性

価格 2980円
評価 評価3.5
備考 初回限定価格
 

グラシトールの特徴

5年連続モンドセレクション金賞受賞したアイスプラントに着目した血糖値対策サプリメント

ピニトールは、血液中にある糖分、血糖を筋肉に運び込むといった役割をサポートするといったものですが、この成分は食品から十分な量の摂取は大変困難です。(牛乳なら一日800mlなど)

そこで特許取得済み栽培法で作られたピニトールを豊富に含むアイスプラントエキスに加え、不足しがちなビタミンC・亜鉛・ビタミンB1・ビタミンB2を配合しています。

アイスプラントには他にも疲労回復や痩身、鬱などに効果が期待できる食品ですが、現在は入手がなかなか困難なため、アイスプラントの持つ力を取り入れたい方はグラシトールを活用してみるのもいいかと思います。

現在、半額キャンペーン中です。

 

グラシトールのおすすめポイント
  • 5年連続モンドセレクション金賞受賞
  • アイスプラントが持つピニトールを豊富に配合
  • ビタミンC・亜鉛・ビタミンB1・ビタミンB2を配合

口コミ
アイスプラントかぁと思って試しに購入。血糖値のほうはよくわかりませんが、少しやせました。摂らないよりとったほうが良いと感じたのは初めてなのでしばらく続けたいと思います。
49歳/女性
母のために購入しました。一気に1年分買ったのですが、健康診断で血糖値が下がったそうです。母の努力もあったと思いますが、自分のために買ってくれたサプリメントを見てがんばる気になれたといっていました。
39歳/男性

価格 1935円
評価 評価3
備考 初回限定価格

 

血糖値を下げる食事方法

血糖値を下げる食品、食事方法はこちら!

食べる順番は厳守

血糖値を下げるには、『食物繊維が多いもの』を先に食べるようにしましょう。
一般的には野菜ですが、食物繊維が多いキノコや海藻類でも構いません。とにかく最初に食物繊維で腸内を満たしてあげることが血糖値の急上昇を防ぐことになるのです。

 

GI値が高い食品量を控える

GI値が高い食品とは、血糖値が急激に上がりやすい食品を言います。代表的なのは白物(精白米・白砂糖・白パンなど)です。逆に精白されていない玄米などは低い傾向にあります。また穀物類も基本的には高い傾向にあり、特にさつまいもやニンジンは高い傾向にあります。

 

とってはいけないということではなく、摂取量を控えるか白米だったら五穀米や玄米を混ぜるなどGI値が高い割合を減らすことが肝心です。ごはんは一食一善など一食分でとどめておき足りない部分は野菜やキノコなどカロリーの低いもので補うようにするとなおよいでしょう。

 

発酵食品を取り入れる

近年そのパワーが注目されている発酵食品ですが、善玉菌を増やすことで糖尿病リスクが軽減されることが判明しています。発酵食品の多くには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれる上に、ヨーグルトや納豆などのようにタンパク質が豊富というものが多いです。

 

特に一種類だけではなく複数種類の発酵食品を摂取することでより善玉菌の数を増やすことができるといった報告もあります。

 

血糖値は予防改善できる症状

糖尿病はなったら治らないといわれている病気ですが、予防はもちろん、治ったと同じ状態まで改善できる症状です。血糖値の高さを放置して恐ろしい病気になる前に対策をすることは、自分のために、家族のためにできることです。

 

まずはサプリからでも、野菜を先にでも、牛乳を飲むことでも良いでしょう。

 

できることから着実にやっていくことが血糖値を下げる最大のコツではないでしょうか。